平成30年7月豪雨

日々のコト

「平成30年7月豪雨」では、瀬戸内地方の広い範囲で甚大な被害が出ています。
この今治市でも尊いお二人の命が犠牲となってしまいました。
心から哀悼の気持ちを表しますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。
そして今回、この災害を受け、自治体職員、社協職員、町の消防団含め消防救急に従事する皆さんの
迅速な行動、そして多くの時間を従事に費やされていることに敬意を表します。

私は、組織に属せず、自由な立場、しがらみのない立場で議員となりました。
しかし、今回の災害で、しがらみがなさすぎて(!)どこで自分がお役に立てるのか
どう行動していいか分からず途方に暮れたいう、痛恨の思いを体感することになりました。

たちまち、近所の見回り、状況把握に休日の支所や避難場所のコミセンで
話を聞きに行くので精一杯でした・・・。現場の皆さん、色々教えて下さりありがとうございました。
にしても、なんとも情けない。

腕っぷしには自信アリ、なので、少しでも・・・という想いで、災害ボランティアに参加してきました。
島内、上浦町井口。多々羅温泉の下手の住宅地の泥かきです。
多々羅温泉の横の小屋が土石流によって潰れたというのが、大三島の災害の第一報でした。
井口地域は避難指示が出る大ごとに。幸い、人命の犠牲はなかったものの、
ところにより、床上浸水、床下浸水被害、畑への土石流の流入被害も大きいです。

発災から10日ほど経って、夏の暑さで土砂が乾燥。
これにより粉塵が巻き上がり、外作業は困難を極めているようでした。
数メートルの違いで、被害がある家と何ともない家。南予地方の被害も、そんな感じのようです。
全体じゃなくて一部ひどい所がある。運命を分かつのはご当人達からすると辛いところですが
一部でも、こんなに大変なのに、これが全体に広がっていたら・・・と思うと、
恐ろしすぎて想像できない・・・。

お昼を挟んで丸一日。屋内作業が中心だったので暑さには耐えられたものの、慣れない作業で
少し集中しすぎたか、後半若干クラクラして・・・。
こまめな水分と休養を意識的に摂らないとダメですね。今後の反省点。

災害ボランティアも、各地に入っていますが、現地でのトラブルの話も聞きます。
災害ボランティアが当たり前になってきている日本ですが(本当は災害に遭わないのが一番だけど・・・)
助ける側もお願いする側も気持ちよく、取り組めるようにするには、
やっぱり徹底したコミュニケーションが必要なんだろうなぁ。

多くの課題に直面して、少しでもお役に立てる自分になりたいと心新たにしたのでした。

まずは、ユンボの免許と防災士の資格を取ることかな。

コメント