6月定例会一般質問② イクボス、ひめボス?

一般質問

┃愛媛県版イクボス「ひめボス」について

質問 黒川
(事業内容について)
前段で申し上げましたように、こういった社会情勢の中で、一昨年より耳にするようになったものに「イクボス」プロジェクトがございます。これは、上司が率先して部下とともにワーク・ライフ・バランスを目指し、仕事の効率も上げていく取り組みであると聞いております。企業だけでなく、今では多くの自治体もイクボス宣言をしており、愛媛県では今年から「ひめボス」という名前で取り組まれているそうですが、改めて「ひめボス」についてご説明をお願いいたします。

答弁 総務部長
「ひめボス」とは愛媛県版の「イクボス」のことであり、「イクボス」とは、職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことを指します
「ひめボス」にはさらに、愛媛の活性化を願い、愛媛で働く人を応援する上司という意味が付け加えられています。愛媛県では、今年1月の知事によるひめボス宣言を契機に、ひめボス推進キャンペーンを実施し、県内の自治体、事業所へひめボス宣言の実施を推進するとともに、ひめボスハンドブックの発行やひめボス研修の実施などに取り組んでいます。

質問 黒川
(今治市における取組について)
私の方で調べましたところ、近くの自治体で言いますと、現在西条市、東温市が「ひめボス」宣言をされていましたが、今治市はまだのようでした。今後、今治市においてはどのように取り組まれていくのか、お聞かせ下さい。

答弁 市長
本市においては、6月19日に本市ご出身のサイボウズ株式会社代表取締役青野慶久氏をお招きし、働き方改革研修会を実施することとしています。また、当日は研修会終了後に今治市ひめボス宣言の実施を予定しています。すでに私は、今年2月に県下全自治体の首長と合同でひめボス宣言を実施いたしました。今回は、副市長以下約100人の管理職員がひめボス宣言を実施することとなっています。
ひめボス宣言の実施後は、宣言を行った管理職員が各職場において「ひめボス行動目標」を設定し、達成に向けて各職場で働き方改革を推進するほか、ひめボスセルフチェックを実施し、ひめボスとしての理解度を高める取組を行う予定でございます。
また、来年度以降も課長級に昇任した職員に対してひめボス宣言の実施を促し、継続的にひめボスの取組を進めることによって、職員のワーク・ライフ・バランスを実現し、女性職員がより一層活躍できる職場風土づくりに努めてまいりたいと考えています。

発言 黒川
昨今、全国区のニュースになる事案もあり、今治市大丈夫なの?という率直な声も聞かれる一方、サイクリング、スポーツ、また、本州と四国を結ぶ拠点として注目を集め、市民としては期待が高まるところでもございます。しかしながら、合併後の人口減少は著しく、とりわけ若年層女性の減少幅が大きいことが取り沙汰されている現実もあり、今治市においては、働き方改革の一つであるひめボス宣言にも取り組まれるとのことで、大変期待しております。また、これからの時代を担う世代に向けた施策を、国や県のトップダウンによらず、自治体独自でもしっかりと議論、研究し、遂行して頂くとともに、一人でも多くの市民が幸福感をもって今治市に住み続けられる、そんな町づくりの設計をともに行って頂くことを要望いたします

コメント